2015年12月9日(水)のトレンドたまごは、「あの、わずらわしさを解消します。」とのこと。

担当は、大澤亜季子キャスター。
「今日はトレンドの卵と同時に、技術者のたまごも見つけてきました。」

★開いた本が閉じないようになる

大澤さんは取材で高等専門学校に来ています。
開発者は群馬工業高等専門学校、加辺さんです。

作ったのはブックカバー。
開いた本を閉じないようにしてくれるブックカバーです。

学生の頃、開いた本がすぐに閉じてしまって、折り目をつけたり筆箱を置いて閉じるのを防いだ経験がある人は多いと思われます。

加辺さんが開発したのは、表紙をカバーにしまってから本を開くと本が閉じるのを防いでくれるブックカバーです。

アイディアを思いついたとき、すぐに100均に出かけてとりあえず使えそうなものをあさって、まずは作ってみましたね。

目をつけたのは、自転車などにつける反射板でした。
伸ばすと折り曲がらなくなる性質を利用して、段ボールで作ったブックカバーに橋渡しするように二本取り付けました。

ブックカバーを開いたときに、反射板が伸びるので本が閉じないという仕組みです。

さらに、最大4cm まで本の厚みを調節できる工夫もしました。

この日は、地元企業と初めての商談があるというので、大澤さんは同席させてもらいました。

相談はほぼ成立ということです。
企業側は、今後商品化に向けて試作などを行っていきたいということでした。

素材を検討するなど、課題は出ましたが商品化に向けて動き出しました。
——————————————————
・商品名=閉じないブックカバー(仮)
・企業名=群馬工業高等専門学校
・価 格=未定
・発売日=早ければ1年以内の商品化を目指す
——————————————————
【WBS トレンドたまごのURL】
→ http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_102547/
——————————————————
アイディアが頭の中にあるうちに、100円ショップに駆け込んで1日から2日で作り上げたそうです。

コストは200円ほどだそうです。

大江 「トレたまにはこういう方が多いですね。行動力って大切ですよね。」

大浜 「謙虚でしたね。加辺さん。大澤さんばかりが前のめりでした。」

使い勝手の良い製品として市場に出てきてほしいですね。
いいアイディアだと思います。