小さいレンズがついた小型カメラのようなもの。
一見使いみちが分かりませんが、実はスマートフォンのカメラに装着して、
肌を撮影するものでした。

日立マクセルが開発した、肌の撮影用のレンズ「ミモレ」は
ほとんどのスマホに装着が可能だそうです。

担当は、秋元玲奈アナウンサー。

【実験】
秋元アナウンサーが実際に手の甲を撮影してみました。
毛穴やきめまで細かく映し出されています。

普通にスマホで撮影しても、肌の状態はきちんと映りません。
その違いは歴然です。
ミモレを使うとくっきりと映っています。

【仕組み】
きれいに写る理由は、
隅々までフラットに取れるという特殊レンズと、
レンズの中に入ったLED。
光を肌に当てることで、安定した画像が撮れます。

【開発の経緯】
(マクセルの説明)
「当社ではもともとスマートフォンのレンズですとか、美容機器などを扱っていて、それらの良いところを融合させたのが、今回のミモレというレンズなんですね。
アプリを使っていただけるユーザー様は100万人を目指したいなと思っております。」

・自分の肌をとった写真を、送信すると今、自分の肌がどういう状態なのか
グラフで表してくれる・・・
・シミや乾燥具合など、肌の状態を判別できる・・・
というアプリを開発中で、
レンズと専用アプリをセットにして販売する予定だそうです。

肌チャックのサービスは「Hada more(肌モア)」。、

【まとめ】
「ミモレ」と「Hada more(肌モア)」
セットでの発売は今年夏の予定。

・日立マクセル(URL→http://www.maxell.co.jp/jpn/index.html)
上記メーカーホームページを見てみましたが、今のところ
「ミモレ」「肌モア」についての記述は見当たりませんでした。

【トレたまアーカイブ】(動画)⇒スマホ向け肌専用レンズ