2013年5月29日(水)のトレンドたまごは、会話からスタートしました。

担当者「置くだけ。」
大澤アナウンサー「ほんとだ。充電が始まりましたね。」

スマートフォンやタブレット端末を置くだけで充電できる
ワイヤレス充電技術に新しい企画が登場しました。

日本では初公開。
どこが新しいのか、大澤アナウンサーが取材します。

浮かせても大丈夫。
従来とは違い、充電パッドから4センチほど浮かせても充電することができました。

このことで、次のようなことができます。
一見ただの机、その上にのせると充電が始まりました。

実は、机の裏に充電パッドが取り付けてあったんですね。
浮かせても充電できるという機能を生かしたアイディアです。

これなら飲食店やオフィスに導入しやすそうです。

これまでのワイヤレス充電器は充電器に電流を流すと
コイルが磁気を発し、電池側のコイルにも電流が流れる仕組み。

今回、磁気を発生すると二つのコイルが共鳴して
電流が流れる仕組みにしたことで、離れていても充電できるといいます。

複数の端末を置いても同時に充電できます。

クアルコム ジャパン 谷内事業開発部長
「最終製品を作るのが提携しているパートナーさんですね。」

大澤「多くの会社が参加されているんですね。」

谷内「商品としてお目にかかるのは2014年くらいと期待をしています。」

【まとめ】
・企業名=クアルコム ジャパン
・商品名=WiPower
・価格=未定
・発売日=2014年半ばの製品化を予定

【トレたまアーカイブ】
2013年5月29日(水)ワイヤレス充電「WiPower」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_42232/


触れていないのに充電ができるというのは、とても不思議な感じがしました。
ワイヤレス電話が出たときにも感動しましたが、今では当たり前ですね。
ワイヤレス充電も、そのうち当たり前のことになるのかもしれません。