2013年5月23日(木)のトレンドたまごは3Dプリンターの話題。
担当は、相内優香アナウンサー。
相内アナウンサーが3Dプリンターの動きを
見つめるところからスタートしました。
「着々と、立体的になっていますね。」

国内初の個人向け3Dプリンターが販売されるということで、
相内優香アナウンサーは取材に向かいました。

会議室のテーブルの上に並べられた部品。
これが3Dプリンターになるそうです。

Genkei加藤代表
「これは、組み立て型の3Dプリンターです。」

GenkeiのHP、3Dプリンター関係のページは↓
http://www.genkei-inspiration.com/#!atom-basic-specs/crsg

組み立てて作る3Dプリンターで、部品のまま販売します。

価格は129800円で、海外で販売されている同じ程度のものの、
半額程度だそうです。

相内優香アナウンサーも組み立てに挑戦しました。

「いっぱい配線がつながっていますね。
これはわけわからない感じではありますが。
これ、配線一つ間違えるとまったく動かなくなっちゃいそうですね。」

相内アナウンサー、不慣れなれで、不安な様子。
ちょっと愚痴が多かったようです。

部品は本来100個ほどあるんですが、
ネジなどを使う土台などは、今回あらかじめ組み立て置いてもらったので、
なんとか形になってきました。

1時間くらいかかりました。

機械の制御に必要な配線を取り付ければ、出来上がり。
精密機器に慣れた人なら、全てを2時間ほどで行えるそうです。

完成した後は、パソコンにつないで、
ネット上に公開されている3Dの図形を取り込み、
待つこと1時間。
猫の模型が出来上がりました。

一緒に作ってくれたGenkei代表加藤さんは、
このプリンターの設計者です。

設計図はネット上で公開していたのですが、
今回あえて、販売に踏み切りました。

加藤さん
「1個1個(部品を)手に入れて自分で調べてくみ上げると、
すごく時間がかかってしまうんですね。裾野が広がるように、、、
裾野が広がっていけばもっと一般の人が面白いものをつくってくれるんじゃ
ないのかな、というふうな思いがこもってますね。」

【まとめ】
・企業名=Genkei
・商品名=atom 3Dプリンター 組み立てキット
・価格=12万9,800円
・発売日=5月25日

【トレたまアーカイブ】
2013年5月23日(木)組み立てできる個人向け3Dプリンター「atom 3Dプリンター 組み立てキット」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_41845/


設計図はすでに公開されているというのは、びっくりしました。
やる気と知識、技術があれば自分で部品を買い揃えていってつくることもできるんですね。
3Dプリンターもそんなに遠いものではなくなってきたのですか?
という感じでした。

とりあえず作りたいものが思い浮かばないですが、
使ってみたいと思いますね。