2013年6月18日(火)のトレンドたまごは、CDを紹介していました。
担当は、大澤亜希子アナウンサー。
エイベックスのスタジオを訪ね、収録場面を取材するようです。

数々の音楽を生み出したスタジオで録音していたのは、
民法のCDでした。

民法は司法試験から行政書士、公務員、宅建取引主任者など、
様々な資格の試験に必要なものです。
年間50万人もの人が勉強しているそうです。

「第175条 物件の創設
物権はこの法律その他(ほか)の法律に定めるもののほか、、、」

「すいません。”その他(た)の”でお願いできますか。」

法律の学術書などを手掛ける木山弁護士が微妙なニュアンスまで
指示を出します。

読んでいたのは、女性アナウンサー。
実は、大澤アナウンサーの先輩でした。

「これを覚える方は本当に大変だなと思うくらい
読むのも大変で、けっこう古くからあるものなので、
普段使わない言葉づかいもあるので、難しいです。」

このCD、難しい条文を簡単に覚える仕掛けもあります。
1044条ある条文を5つのランクに分けて、受験生にあった聞き方ができるように
なっています。

例えば、司法試験を受ける人は全試験共通のAランクと司法試験で出るEランクを。
宅建だとAランクとBランクを選んで試験に備えることができます。

法科大学院で木山弁護士の教え子にインタビュー
CDを聞いてもらうと、
「すごい、むっちゃなめらか、、、。」

「空き時間に有効活用して効果的に勉強できるので便利だと思います。」

今後の展開は?エイペックス塚田さんに聞きました。

塚田さん「第一弾が成功すれば、違うデバイスとか
アプリ化ということもあるだろうし、もっと違う方法で
同じ内容のものを展開していけるようになっていくと思うんですね。」

【まとめ】
・企業名=エイベックス
・商品名=耳から覚える〈合格〉民法
・価格=3,600円(税別)
・発売日=1~2巻(6月21日)3巻(7月1日)

楽天ブックス

【トレたまアーカイブ】
2013年6月18日(火)聞いて覚える民法CD「耳から覚える〈合格〉民法」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_43592/


民法は身近な物なんだなと改めて思いました。
かなり古い法律でもあると思います。
最近はちょくちょく見直し、改正の動きが出てきているようですね。
そういう意味でも覚えるのが大変なのかも知れません。
エイペックスも音楽以外に目を向けているんだなと、
そちらも興味深かったです。