2013年6月25日(火)のトレンドたまごでは、
大澤亜季子アナウンサーが工場を訪問して取材していました。

大澤「今なにをされているんですか?」

小善本店 小林さん
「こちらのパソコンにキャドで図面を書いて
その図面を海苔でカットしてみようと、、、」

レーザーで海苔をカットする専用の機械でした。
金属加工用に比べ、出力を10分の1以下に抑え、
ノリだけをカットすることができます。

小善本店 小林さん
「レーザー光線が出て、図面通りに海苔を焼き切っています。」

大澤「すごく細かく繊細にできるんですね。」

10年ほど前から、型抜きの機械を使い、サッカーボールをデザインした海苔を
販売してきました。

しかし、型抜きでは細かい作業は難しいため、
レーザー加工の機械を導入しました。

これを使えば「トレンドたまご」と文字の入った、
ポスターのような海苔も作ることができました。

図面と並べて映してみましたが、
よくできています。
トレたまのキャラクターの細い腕も見事に表現されています。

アマゾンで購入できる小善本店の製品

デザイン海苔の開発に乗り出したきっかけが
「キャラ弁」のブームです。

通常の海苔に比べて価格は5倍から10倍ほど高くなりますが、
ニーズはあるといいます。

こうしたデザイン力を生かし、秋葉原のラーメン店で
ゲームのキャラクターと連動した海苔を期間限定で提供しています。

中華そば活力屋で
「えび塩そば味玉レボリューション」を頼むと
ゲームのキャラクターののりがもらえる(30日まで)

小善本店 小林さん
「いろいろなデザイン、キャラクターとコラボレーションすることで、
のりを脇役から主役へ変えていけるように頑張っていきたいと思っています。」

【まとめ】
・企業名=小善本店
・商品名=おしゃれ手巻き
・価格=525円
・発売日=発売中

【トレたまアーカイブ】
2013年6月25日(火)脇役が主役に「おしゃれ手巻き」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_44162/


簡単にキャラ弁が作れる海苔は、お弁当をつくるお母さんはもちろん、
アニメ好きの人たちにも魅力ある製品だろうなと思います。

紙状になっている食品ですから、技術が進歩することで、
今までにない加工が可能になるでしょうね。