2013年5月24日(金)のトレンドたまごは、テントを取り上げていました。
担当は、相内優香アナウンサー。
「今日は、キャンプ場で、ちょっと変わったテントを取材します。」

HOP 中神社長
「こちら、この上にあるのがテントなんです。」

相内アナウンサー
「車の上にあるんですか?」
「あっという間に広がりましたね。」

今回のトレたまは、車の上にのせるテントでした。
車で旅行をするのは好きでも、キャンピングカーはちょっと高くて
手が届かないという人のために作られた商品です。

車の上でもしっかり寝られるのか、
相内アナウンサーが実際に入ってみました。

相内アナ
「中は意外と広々としていますね。
手も目一杯広げられますし、足もちゃんと伸ばせます。」

幅も2メートル以上あるので、のびのびすごせます。
骨組みはアルミパイプで140キロの重量まで耐えられるということです。

大人二人で横になっても寝られます。

収納は、折りたたんで、カバーをかけるだけです。

このままの状態で公道を走ることもできます。

重さはおもよ23キロ。
二人で持ち運びができました。

車の上にテントをのせるという発想は、
もともとは海外で生まれたといいます。

HOP 中神社長
「実はこういうテントは、虫とか蛇とか、
そういった害虫から逃れるためにあったんですね。
逆に言うと日本は、駐車場で泊まったりする車中泊に便利なんです。」

【まとめ】
・企業名=
HOP ルーフテントジャパン事業部
・商品名=オアシス130
・価格=14万3,000円
・発売日=6月15日
※ネット注文で販売

【トレたまアーカイブ】
2013年5月24日(金)車の上に載せるテント「オアシス130」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_41943/


見る限り、安定感がありました。
高さがあるので、ぐらぐらすると不安になると思います。

出ていた車は軽自動車でしたが、大丈夫なんですね。
これは、アウトドア派の人にはとてもうれしい商品だと思います。
雨の日でも大丈夫でしょうかね?