2013年5月8日(水)のトレたまは新潟県燕市からの情報。
刃物の町として有名ですね。

カンダの外川さんが登場、会社のショールームを紹介してくれました。
「3万点ほど料理道具を展開させてもらってます。」

大澤アナウンサーがみつけたトレたまは、
ちょっと変わった形の野菜のスライサーです。

外川さんが実演してくれました。
大根を差し込んで、くるくるとねじります。
鉛筆削りの要領で野菜を削っていくような感じです。

大澤アナウンサー
「すごく薄いですよね。」

桂むきのほかにも、触感を楽しめる太目の千切りや
刺身のつまなどに最適な細目の千切りの3つがセットになっています。

大澤アナウンサーはキュウリで挑戦です。
最初は、野菜を回すことに戸惑いもありましたが、
慣れてくると、どんどんと進みました。

薄くて長くつながったキュウリが出来上がりました。

大澤アナウンサー
「遊び感覚でも楽しむことができて、面白いです。」

細めの千切りで、山芋を削っていきます。
そうめんみたいになります。

切った山芋にめんつゆを入れて海苔をかければ、簡単ですが
料理の一品になります。

価格は2625円。
これを使えば、簡単にできるレシピも用意して売り上げを伸ばす狙いです。

外川さん
「一般の家庭の方にも、楽しく料理をしていただくために、
全く新しいキッチンツールの一つとして浸透していけばなと思っておりますし、
どのように使ったら新しいメニューができるのかというところまで、
僕らも意識して料理人の方々にご案内させていただいております。」

【まとめ】
・企業名=カンダ
・商品名=Nejicco(ねじっこ)
・価格=2,625円
・発売日=発売中

【トレたまアーカイブ】
2013年5月8日(水)野菜の鉛筆削り「Nejicco(ねじっこ)」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_40828/


外川さんは、丁寧な隙の無いコメントをしていたなと思います。
これぞ商人の言葉でしょうか。

外国製品ですが、カロットシャープナーという製品があります。
4月23日のNHKまちかど情報室で取り上げられていました。
鉛筆削り型ピーラー=「カロットシャープナー&ピーラー」20130423-1

個人的な好みでは、今回のねじっこを使ってみたいなと思います。