2013年6月17日(月)のトレンドたまごは、4輪自転車の話題。
担当は、繁田美貴アナウンサー。

繁田「これはどういった乗り物なんですか?」

協栄製作所高田さん
「こちらは、高齢者向けの4輪の自転車になります。」

4輪の電動アシスト付自転車でした。
繁田アナウンサーもさっそく、試乗していました。

ペダルに足を載せても倒れません。
4輪あるので、しっかりとした安定感があります。
足を宙に浮かせても倒れないことを確認しました。

さらに、スピードが遅くても倒れないということも大事です。
普通の自転車でゆっくり走ると、安定しません。

高齢者をターゲットにしているため、
時速15キロメートル程度で走れるように設計しています。
電動アシストのため、坂道でも楽々です。

2時間半の充電でおよそ30キロ走ることができます。

実証テストで乗っている高齢者の方のコメント
「大変軽く走れて便利です。特に坂道が楽ですね。」

高齢者でもバランスよく乗れる秘密は、
後輪にあります。

よく高齢者が乗っている三輪車は通常、チェーンがかかっている右側のみが回転します。
そのため、バランスを崩して転倒することもあるそうです。

この4輪車は自動車にも使われているギアを搭載しているので、
左右均等に回転し、安定して走ることができます。

今後の改良点は、
高田さん「下り坂で速度が上がる問題があるので、そこら辺を
制御するような方法も検討しております。」

【まとめ】
・企業名=協栄製作所
・商品名=けんきゃくん
・価格=21万円
・発売日=7月発売予定

【トレたまアーカイブ】
2013年6月17日(月)電動アシスト4輪自転車「けんきゃくん」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_43512/


アシスト自転車は、進化を続けています。
片道20キロくらいの通勤を、アシスト自転車を使って行っているという人は
少なくないようです。

バイクなど、免許がいる乗り物と違って、手軽に始められますね。

高齢者の方も、自力で移動したいという気持ちは強いと思います。
値段はけっこうしますが、ニーズはあると思います。
息の長いヒット商品になるのではないでしょうか