2013年12月24日(火)のトレンドたまごは、
未来の家電でした。
担当は、大澤アナウンサー。
「どの家電でも動かすことができます。」ということばで始まりました。

取材に訪れた大澤アナウンサーが見せられたのは、
バルミューダ製の扇風機。

大澤 「また新しくなったんですか?」

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所 坂村所長
「ちょっと改造をしたんです。」

と言って、壁際で作業していると、
その壁に図柄が表示されました。

坂村 「扇風機の羽のマークがありますね。ここを触ってみてください。」

大澤アナウンサーが、その部分に手を当てると、
扇風機が動き始めました。

大学と手を組む研究所が、未来の家電と言うコンセプトで試作した扇風機。

扇風機のコンセントを挿すと表示されるタッチパネルは、
プロジェクターが映し出しています。

プロジェクターの上にある特殊なカメラが、人の手の動きを感知して、
扇風機を動かす仕組みです。

この仕組みの鍵を握るのは、ある共通の部品だと言うことでした。

坂村 「私の所で開発したチップがあるんですけど、
これがネットに接続しているんです。」

このチップにはコンピューターと無線機が内蔵されていて、
自動でインターネットに接続されます。

カメラとプロジェクター、そして扇風機は、インターネットを通じて
信号を送りあっていたんです。

このチップさえ埋め込めば、クリスマスツリーの色をタッチパネルで、
コントロールしたりもできます。

坂村 「すべての家電がネットでつながって、しかも操作するボタンがなくなって、
それで、どんなメーカーが作ったものでも、ネットにつながって、好きな操作方法で、
好きなように操作できるという時代が来る。」

このチップを使うと、おなじクラウド上のサーバーに接続されるため、
違うメーカーの家電も一つのタッチパネルで操作できるようになると言います。

坂村 「日本が一番強い、この家電というエリアにおいて、
オープンな家電を作ると言うことにみんなが決心すれば、
必ず勝てる。日本の会社は。」

——————————————————
・企業名=未来の家電
・商品名=YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
URL→http://www.ubin.jp/index.html
・価格=未定
・発売日=未定
★コンピューターと無線機を内蔵したチップを利用することで、
あらゆるメーカーの家電が1つのタッチパネルで操作可能
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2013-12-24(火) 「未来の家電」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_57074/


坂村所長は、東京大学教授で工学博士だそうです。
熱心に、語っていました。

今はそれぞのメーカーでばらばらの部品を使っているんですが、
このチップを一つ内蔵することによって、自分の好きなように操作できるように
できるということです。

森本 「同じメーカー内ではけっこうできるっていうのはありますけど、
バラバラだとね。」

課題としては、大手メーカーにどうやって導入してもらえるようにしていくか
というのが課題と言うことでした。

3年以内に導入できればという考えだそうです。

これで、2013年のトレたまは終わりだそうです。
25日には、トレたま大賞が発表されるそうです。

楽しみですね。