*************************************************************
★2013トレたま大賞 受賞!2013-12-25発表
*************************************************************
2013年10月22日(火)のトレンドたまごは
お風呂の水に映像が映ったりするという近未来的な技術でした。
「お風呂でタッチパネル」
担当は、大澤亜希子アナウンサー。

バスタブに張った水に手を入れている男性が登場。
大澤 「これは何をしてるんですか?」

男性が手を前に動かすと、激しく水しぶきが立ちました。

電気通信大学小池研究室 的場さん。
「我々の研究室へ開発したアクアトップディスプレイを
テレビゲームに応用した作品です。」

電気通信大学小池研究室が開発した、アクアトップディスプレイ。
水面に映像を映し、その映像を指で動かすシステムで、
体を使ってコントロールしてゲームができるというものです。

大澤 「仕組みを教えていただけますか?」

的場 「お風呂に白くなるタイプの入浴剤を入れます。
水が白くなったところに、
こちらのプロジェクターから水を投影しています。」

人の動きや距離が検知できるカメラを使うと、ゲームが楽しめます。

的場 「水面を0として、基準面とします。
この基準面から1.4センチ以上突き出たものを認識して、映像を投影します。
この指を動かしながら沈めて、消えてしまうと、
そこから球が飛んでいくというプログラムになっています。」

さらに、水中にはスピーカーが仕組まれていて、
振動で水が飛び跳ねるようになっています。

このような技術で、水の上で映像を見たり、
画像を大きくしたり、水をすくって映像を動かしたりできます。

水面をタッチパネルみたいに使うというイメージのようです。

親子でお風呂で楽しめるようにと、製品化に向けて開発中です。

的場 「スマートフォント同じようなタッチパネルディスプレイになっていますんで、
たとえば、スマートフォンを置くと、その画面が、目の前の浴槽に映し出されて、
音楽が聴けるし、電話もかけられるし、動画も見られる、
そういう製品を作りたいなと思っています。」

【まとめ】
・企業名=電気通信大学小池研究室
・商品名=アクアトップディスプレイ
・価格=
・発売日=
★特徴=お風呂の浴槽などで映像を投影し指で動かすシステム

【トレたまアーカイブ】
2013年10月22日(火)
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_52530/


手の動きに合わせて、水面に映った画像が動いたり、というのは幻想的でした。
水が白くなっている必要があるので、まずはお風呂なんでしょうね。
プールで使うということは難しいかもしれませんが、
今後、改良が加えられると、透明な水でもなにかできるようになるかもしれません。

ゲーム機ももう発展しようがないのかなと思っていましたが、
まだまだ新しいものが生み出されていくのかもしれません。