2013年11月19日のトレンドたまごは
スマートフォンで計測ができる、、、という話題でした。
担当は、大澤亜季子アナウンサー。

大澤 「今動いていたんですが、なにをされていたんですか?」

ユニオンツール 製品開発統括部 浅野さん
「心拍数と心拍周期を測ってまして、
そこから心のバランスを見ていました。」

大澤 「どうやって計ってるんですか?」

浅野 「実はセンサーが私の胸についています。」

服の下につけていたのは4センチ四方の小型心拍センサーです。
これまで手首の脈などを計測する製品はありましたが、
こちらは電極パッドで繋いたセンサーで、心臓からの電気信号を計測します。

精度の高い数値を無線通信(Bluetooth)でスマートフォンに表示する仕組みです。

浅野 「メンタルヘルスや健康管理、他にスポーツの分野に
使っていただければなあと考えてます。」

電気信号のデータからは自分が興奮しているのかリラックスしているのか。心の状態を知ることができます.

早速、大澤何さんも実際に使っていました。

およそ150メートルを全力で疾走後、
計測してみると、

浅野 「今運動した後なので興奮状態が大きくなってます。」

来年1月に発売し、価格は19800円。

このセンサー、スマートフォンのアプリ次第で様々な使い方が考えられるといます。

浅野 「介護施設などで
夜間の老人の方の見守りをするためのアプリケーションなどを
開発していければな思っています。」

——————————————————
・企業名=ユニオンツール
・商品名=マイビート WHS-2
・価格=1万9800円
・発売日=2014年1月発売
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
何かの都合だと思いますが、
2013-11-19(火)のトレたまの動画はアップされていませんね。


実際に貼る時には、肌に直接貼って計測するということです。

工夫はされていると思いますが、
接着面の劣化や、肌トラブルがちょっと気になりました。

今はアプリケーション開発者に向けて無償で提供中で
「開発者によっては、使い方が様々に広がる」と、
期待しているということです。