2013年9月23日(月)、秋分の日のトレンドたまごは、
女性でも扱いやすい電動ノコギリの話題でした。
担当は大澤アナウンサー。

大澤アナウンサー 「今日はこれまでにない電動工具があると伺ってやってきました。」

大澤 「今回、どんな電動工具を紹介してもらえますか。」

ホップリベット・ファスナー 石田さん
「こちらのチェーンソーになっておりまして、
はさんで切っていただくようなチェーンソーになっております。」

登場したのは、ワニが口を挟むようにして切る電動ノコギリ、
その名も「アリゲーター」

大澤アナウンサーは電動のこぎりを扱うのは初めてでした。
実際に体験してみました。
桜の木の枝だと思います。
はさんで、切り始めました。
まあ、少し時間かかりましたが見事に切ることができました。

通常のチェーンソーなら、跳ね上がったりして危険なこともありますが、
この製品ははさみの下の部分が木を抑えるため、
初心者でも安全に扱うことができます。

さらにバッテリー式のため、持ち運びが自由です。
40分の充電で3センチ程度の枝をおよそ150本も切ることができます。

石田 「庭まわりをメンテナンスされる女性が増えているという
トレンドもありまして、
初心者でも使いやすいようなものをと、開発に至りました。」

大澤アナウンサーは、ほんとにハサミ型商品がないのか、
ホームセンターを訪ねてみました。

大澤 「挟み込むタイプのチェーンソーてのは見たことがないですか?」

ドイト西新井店、廣嶋さん。
「私自身、初めて見た形です。」

売り場では10種類ほどの電動ノコギリが並んでいましたが、
はさみ型ものはありませんでした。

廣嶋 「コンパクトな感じもしますし手にフィットします。
案内するときいいかなという感じがします。
売れると思います。」

想定価格は2万5000円程度で年間10000台の販売を見込んでいます。

石田 「使いやすとか安全性とかをお客さんに伝えていければいいと思います。」

【まとめ】
・企業名=ポップリベット・ファスナー
・商品名=ハサミ型電動ノコギリ ブラック・アンド・デッカー アリゲーター
・価格=想定価格2万5,000円程度
・発売日=9月25日

【トレたまアーカイブ】
2013年9月23日(月)ハサミ型電動ノコギリ「アリゲーター」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_50433/


私もチェーンソーを使ったことがありますが、
音の大きさと振動で、かなり緊張感が高まります。
実際に切ろうとすると、更に手に衝撃が来るので、力も必要です。

挟み込んで、動かないような状態で切ることができるのは、
大きな安心になると思います。

また、バッテリーで、動くというのもいいですね。
撮り回しが楽で、気が散らないと思います。