2013年11月8日(金)のトレンドたまごは、
プライバシーを守るための技術でした。
担当は、相内優香アナウンサー。

相内 「今回何が新しくなったんですか?」

国立情報学研究所 越前准教授
「電源を使わずにですね、
プライバシーバイザーというものを開発いたしました。」

このメガネは、かけるとデジカメやスマートフォンのカメラでは、
顔が検出できなくなるものです

去年の12月にトレンドたまごで紹介した。プライバシーバイザーの進化版です。

越前 「これは去年発表したプライバシーバイザーというものですが、
近赤外線 LED が11個ついています。」

従来のものは電源を入れると強い光でカメラが顔を検出するのを阻害します。
ただこれらと気軽に使えるというものではありませんでした。

その課題を解決したのが今回紹介してもらった進化版です。

越前 「新しく開発したこのプライバシーバイザーを、つけてみます。」

相内 「さきほどまで顔を検出していたのが、
全く四角い緑色の枠がなくなりましたな。」

カメラは顔の凹凸にできる陰によって顔を検出しています。
旧そのため手で顔の一部を覆うとカメラは顔を認識できなくなります。

そこで、細かな白い点をレンズの表面に配置。
光を反射することでカメラが顔の凹凸をとらえられなくなりました。

相内 「これなら街中で、意図しない誰かのカメラに映り込んでも
顔は検出されませんのでプライバシーが守られます。」

越前准教授 「具体的に製品化の時期は決まっていませんが、
いくつかの引き合いがありますので最終的には眼鏡の一機能として
提供できればいいかなと思っています。」

一方で、犯罪などに悪用されることにへの懸念は?

越前教授 「サングラス程度のぼかしにしかならない。
これを付けただけで犯罪を助長するものではないかなと。」

【まとめ】
・企業名=国立情報学研究所
・商品名=プライバシーバイザー
・価格=未定
・発売日=未定
★デジカメやスマートフォンの顔認識を阻止するメガネ

【トレたまアーカイブ】
2013年11月8日(金)プライバシー保護メガネ「プライバシーバイザー」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_53804/


前回放送されてヨーロッパを中心に大きな反響があったということで
問題意識がそれだけ高いっていうことでしょう。ただ、
やはりスタイリッシュに改良してUV 機能や度数を加えて、
いかにもプライバシも持ってますよというふうではなく、
ナチュラルに世界的に認知されるような商品にしたいということです。