2013年8月20日(火)のトレンドたまごは、枕。

担当は、大澤亜季子アナウンサー。

【楽天】

 

 

【アマゾン】 この商品については、楽天よりも品揃えが少ないようです。

 Luffas(R)(ラファス)枕(ヘチマ枕) Luffas(ラファス)+そばがら枕(近江麻綿キルト) 約50×32×8cm

 

ワタセ 辻社長
「さらっと涼しい枕を作りましたので、
寝てみてください。」

さっそく大澤アナウンサーが、寝てみます。
大澤アナウンサー 「枕と頭、それぞれ隙間ができているので、
通気性がいいのかなという印象を受けました。」

実際、どれくらい涼しいのか、一般に売られている枕と比べてみました。
たらいにお湯を入れて、いろいろな枕に乗せてみると
ウレタンや羽毛の枕は50度以上でしたが、
新製品は、41度でしたl。

涼しい枕の中には、少し硬いチップが入っていました。
その原材料は、、、
へちまだったのです。

中のチップは乾燥したへちまを切ったものでした。
へちまの繊維は弾力のある立体構造で、空気を良く通す上に、
繊維の一本一本が水を吸収して膨らみます。

このへちまが頭の湿気を吸い取って空気を通し、
温度を下げるのです。

滋賀県の寝具メーカー社長 辻さんが、へちまの工場に案内してくれました。
この枕を開発したのは、この辻さんです。

糸瓜のチップは自社工場で作っています。
寝心地のよさと、温度を下げる機能を両立する大きさを
実現するのに苦労したそうです。

この枕のために、地元の農家に糸瓜をつくってもらうよう
説得して歩いたそうです。

辻社長 「へちましたら、コメ以上に収入あるからと、
口説いたんですよ。農産物を食料としてじゃなく、商品として
価値をつけて売っていく。」

農家 門田さん 「枕にもなるし、布団にもなるし
お客さんのニーズが広がるじゃないですか。
けっこう期待してるんですよ。」

【まとめ】
・企業名=ワタセ
・商品名=
・価格=8,000円~
・発売日=東急ハンズ新宿店などで試験販売中
本格販売は今秋

【トレたまアーカイブ】
2013年8月20日(火)ヘチマまくら「へちま枕 ラファス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_48150/


糸瓜の弾力は、人の体に優しいと思います。
結構な吸湿力があるようですね。

農家自身の工夫というよりも、
寝具メーカーのリードが農家をも動かしたということですね。
本格販売が楽しみです。