2013年6月28日(金)のトレンドたまごはピーラーを取り上げていました。
担当は大澤亜希子アナウンサー。

大澤アナウンサー
「皮がすごくきれいにむけてるんですけど、
これはご自身でやられたんですか?」

「はい」と答えた男性は、機械のスイッチを入れて皮むきを始めました。

自動で野菜や果物の皮をむく装置の紹介でした。

装置の下についている剣山にリンゴをはめ込み、
上にあるピンを刺して固定します。

あとは、削りたい場所に刃をセットし、ボタンを押すと
みるみる皮がむけていきます。

けっこうな機械音はしていました。
あっという間にむけました。
およそ15秒でリンゴの皮がむけました。

15センチほどの食材であれば、ジャガイモやニンジンなどの皮を
簡単にむくことができます。

大澤アナウンサー「凹凸があってもきれいにむけるのは、なんでなんですか?」

イーアンドケー 佐藤部長
「このアームが非常に柔軟なものでして、中にばねが入っていますので、
簡単に伸縮するんですね。」

アームの裏についているばねが伸び縮みするので、凹凸があるものでも
対応することができます。

実際どのくらい早くむけるのか、実験しました。
大澤アナウンサーが、リンゴの皮むきでこの機械と競争してみました。

大澤アナウンサーは「早い!ちょっと待ってよ。」を繰り返していました。
その後、「あー、、、終わっちゃった。」と完敗でした。

手作業に比べ、早く終了しました。

ただ、
この装置で皮をむくと、上と下の部分にどうしても皮が残ってしまいます。

手入れは、水をザーッとかけるわけにはいかず、
濡れたタオルなどで掃除する必要があります。

防水機能がないので、手入れの手間はかかります。
乾電池で動きます。
価格は3990円。

【まとめ】
・企業名=イーアンドケー
・商品名=イージーピーラー
・価格=3,990円
・発売日=発売中

【トレたまアーカイブ】
2013年6月28日(金)ワンプッシュで皮むき「イージーピーラー」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_44474/


乾電池動くということで、おもちゃのような感じもします。
大量に食材を準備したりするときなどは、とても重宝すると思います。

しかし、子供たちには
自分の手で包丁を使って皮をスルスルをむけるようであってほしいと
強く思います。