2013年11月6日(水)のトレンドたまごは
動くソファ。行動範囲が広がります。
担当は大澤亜希子アナウンサー。

大澤アナウンサーは、高級そうなソファーに座っています。
座り心地は抜群だとか。
このソファーが動くと言うことでした。

実は、電動式の車いすでした。
形はソファそのものですが、歩道を走ることもできます。
もちろん免許もいりません。

さらに、走る仕組みも、一般の電動車いすと
大きく違います。

ナノオプトニクス・エナジー 西さん。
「普通の車いすですといわゆる、タイヤになっていますけど、
そこを、クローラーベルトを使ったこと、それによって、乗員の方一人で、
色々なところに行けるというところが一番のポイントになります。」

たとえば、一般的な車いすが苦手とする10センチほどの段差も
難なく乗り越えることができました。
また、その場で360度自由に回転できるため、小回りもききます。

そして、ボタンを押すとぐっとシートが持ち上げられてきて、
自然と、立ち上がるのをアシストしてくれます。

座る部分が最大で30度まで傾くので、乗り降りも楽チンです。
1回の充電でおよそ20キロメートル走ることができる、この車いす。

価格は180万円ほどです。

西 「展示かとか、試乗会とかでは、いろいろ好評を得ているんですけど、
まだ価格が高いということで、お客様の手の届かないところになっているので、
われわれの努力としては、価格をもっと下げていきたいというところで
考えています。」

【まとめ】
・企業名:ナノオプトニクス・エナジー
・商品名:ユニモ・グレイス
・価格:約180万円(オープン価格)
・発売日:発売中
★クローラーを使った電動車いす

ユニモの紹介ページ→http://www.nano-opt.jp/unimo/unimo.html

【トレたまアーカイブ】
2013年11月6日(水)動くソファー 「ユニモ・グレイス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_53599/


一番特徴、車輪の部分に、クローラーベルトを使用したことによって、
砂利とか草木とか雪道も簡単に進むことができるそうです。

こういった背景には、足が不自由な方にも気軽に外に出かけて欲しいという
思いが込められているとのことです。

操作も簡単だそうです。

スタジオでは、「戦車みたい」という声も出ていましたね。
まさにそのとおりだと思いました。
でも、キャタピラーとは言わないんですね。
北海道は、雪の期間が長いので雪道で使えなければ意味がないとも言えます。
これなら、実用に耐えると思います。