2013年11月18日(月)のトレンドたまごは、
新しい土鍋でした。
担当は、大澤亜季子アナウンサー。

一山製陶所 伊藤専務
「圧力効果のある土鍋です。」

出てきたのは蓋と本体で2.5キロある重い鍋。
土鍋なのに圧力鍋の効果があるといます。

伊藤 「蒸気が逃げないようになっていますので、
野菜のうまみ成分が鍋の中に凝縮され、美味しくなると。」

その実力を試すため実際にカレーを作ってみました。

材料を弱火で40分煮込んだ後、火を止めてしばらく待ちます。

このときこの商品最大の特徴が、、、

蓋を持って上にあげると下の鍋も一緒に上がってきました。
持ち上がってしまったのです。

伊藤 「密閉性が高いものですから、
”減圧調理”をすることができるんです。」

加熱中は蒸気で内部の圧力が高まりますが、
火を止めると圧力が下がるため、
密閉空間でうまみが材料に染み込むのです。

そのお味は?

大澤アナウンサーがカレーを試食しました。
大澤 「お肉がとろっとろ。野菜もまた、すごく甘みが出てて、、、」

この密閉性、蓋と本体が接する部分に独自の工夫があります。

伊藤 「焼き物というものは大体1200度以上で焼かれるため、
ひずみが出てきてしまいます。
収縮があまり大きくないような土を選びました。」

釜に入れる前に鍋をガラス板に密着させて平らにし、
焼いたとは特殊加工で表面をツルツルに磨き上げました。

価格は23100円。
今月末に発売します。

伊藤 「陶磁器業界は、今、安価な輸入商品に押されて
大変厳しい状況になっております。
付加価値の高い商品を作ることで
どんどん売っていきたいと思っております。」

——————————————————
・企業名=一山製陶所
・商品名=セラ・キュート
・価格=2万3,100円 (発売前は1万9,950円で予約受付中)
・発売日=11月28日
★専用WEBサイト「さなえ窯」で販売
煮込んだ後に火を止め、内部の圧力が下がった時に材料に味がしみこむ土鍋
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2013-11-18(月)圧力効果のある土鍋「セラ・キュート」
⇒http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_54460/


スタジオでは、くっついた蓋がどうやってはずれたのか
質問が出ていました。

また火をつけて、数分間待つと空くそうです。

その間、素材には、どんどん味がしみこんでいくでしょうね。

IHには、まだ対応していないないそうです。