2013年7月12日(金)のトレンドたまごは、
ばねをつかった商品を取り上げていました。

担当は、相内優香アナウンサー。
工場で取材です。

ウェーブ・クリップという製品。
「クリップとして考えました。」とのこと。

波のようにウェーブした部分に
紙などを挟んで留める、
ちょっとおしゃれなデザインのクリップです。

360度、どの方向からでも挟めるのが特徴です。
実は、このクリップ、工業製品の特殊なばねなんだそうです。

ケーブルの先端につける器具の中に使われていたり、
車載カメラのレンズの固定などに使われています。

松村鋼機 松村社長
「これ、紙を挟めるんじゃない?と現場の人間なんかが使っていた。」

工場で働く社員がばねをクリップ代わりに使っていたのが、
商品化の始まりだそうです。

商品開発のための設備投資をすることなく、
自社で作る製品を一般消費者にも応用しました。

松村社長
「たくさん売っても利益があまり出ない方向に
どんどんシフトしていってますんで、
少しでも製品1個での利益をあがる分野を模索していかないと
生き残りは難しい、、、」

発想の転換で、消費者になじみのない工業製品を売り出すことを
思いつきました。

今年の秋に500円前後での発売を予定しています。
さらに、クリップだけでなく照明器具など応用することも
検討中だそうです。

相内アナウンサー「おしゃれなインテリアショップにおいてありそうですよね。」

松村社長「一般消費者が食いつくというか、興味を持ってくれれば
かなり広がる分野かなと思います。」

【まとめ】
・企業名=松村鋼機
・商品名=ウェーブ・クリップ
・価格=500円前後
・発売日=秋ごろ発売予定

【トレたまアーカイブ】
2013年7月12日(金)工業バネのクリップ「ウェーブ・クリップ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_45529/


ふだん目にすることがないような部品は、興味深いですよね。
デザインが面白く、機能性も高ければ単価が高くても許せます。

ばねは独特の美しさがあると思います。