2013年11月15日(金)のトレンドたまごは、
手軽に個室がつくれるという製品です。
担当は、相内優香アナウンサー。

相内アナウンサーは今日オープンの1人カラオケ専門店にやってきました。
この系列店(ヒトカラ)は会員数14万人近くと、
最近、1人カラオケの需要が増えているそうです。
こうした1人カラオケを自宅でも気兼ねなくできるという
商品があるということでした。

相内 「この大きな箱は何に使うんですか?」

VIBE 亀井さん
「段ボール型の簡易型防音室になっておりまして
ご自宅でのプライベートスペースとしての利用を
想定して開発いたしました。」

開けてみると、個室になっています。
しっかりとした段ボールでできた個室です。

組み立て式になっていて、15分程度で組み立てられます。
壁は8枚の段ボールが重なった構造で、音を抑えるということです。

どこまで防音できるのか相内さんが実験しました。

相内 「私のおはこで実験します。」

とちょっとしゃれを言ってから箱に入りました。

歌ったのは松田聖子の「抱いて、、、」でした。
結構上手だと思いました。

扉の外に測定装置を置いて音の大きさを測定。
扉を閉めずに測定すると、80デシベル前後と、
ピアノと同じくらいの大きさでした。

扉を閉めると、テレビの音と同じくらいの70デシベル程度には
抑えられるようでした。

相内 「中から見ると、まだ隙間があるような、、、」

亀井 「まだ試作段階なので、
これからさらにブラッシュアップをかけたバージョンっていうのを
今まさに制作しているという段階です。」

外の音も入りにくいので、落ち着いて集中できる書斎などにも
使えそうということです。

価格は59800円とちょっと高めです

亀井 「販売台数が増えることによって、
量産効果が生まれれば安くできるのではないかと思います」

——————————————————
・企業名=VIBE(バイブ)
★段ボールは神田産業製
・商品名=だんぼっち
・価格=5万9,800円
・発売日=年内発売予定
段ボールを組み立てて作る防音性を高めた個室。
壁は段ボール8枚を重ねた構造。
空気の通り道や備え付けのテーブルもある。
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2013-11-16(金)段ボール製“防音”個室「だんぼっち」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_54339/


自宅で気兼ねなくストレスを発散できるかもしれません。

相内アナウンサーは、
「すごく集中できて個人的には良いなあと思いました。」

段ボールは明治時代から続く老舗のメーカーが作っていて、
かなり強度には自信があるということでした。

もっと防音機能を高めてく予定。
附属の防音シートなども開発中だということだそうです。

スタジオのキャスターたちは、
相内アナウンサーが松田聖子だったことに反応していました。
相内アナウンサーは戸惑うことなく 「いい歌で、好きです。」
と言っていました。