2013年7月25日(木)のトレンドたまごは、乗り物でした。
担当は、相内優香アナウンサー。
埼玉のサーキット場を訪れていました。

小さいカートがゴールに入ってきました。
ちょっと変わった特徴があります。

「全部自分で作らないと動かないというミニカートキットです。」

自分で組み立ててつくる、電気自動車でした。
組み立てるのは、フレーム以外のタイヤやハンドル部分で、
長くても4時間から6時間で、出来上がるそうです。

電池で動くモーターを、ほぼむき出しで積む構造で、
車としては最低限のつくりになっています。

免許がなくても運転できるということで、相内アナウンサーも挑戦です。

「では出発進行!
あー、けっこう加速、速い。
あー、意外と速く進むんですね。」

グリップの部分がアクセルになっています。
相内アナウンサーも、「簡単に運転できた」といっていました。

乗り心地がよくて、何週もコースを回ってしまいました。
ただし、公道を走ることはできません。

この電気自動車、販売元は意外なところでした。

CQ出版 山本さん
「うちはエレクトロニクスとか、アマチュア無線とか
技術系の専門雑誌の出版社ですね。
モーターキットが意外と好評だった。モータの勉強をしたいという人が
非常にたくさんおられたということが、わかりました。」

技術者向けのモーターの教材キットをおよそ8万円で販売したところ、
150台ほど売れたそうです。

そこで、そのモーターを搭載して、実際に動かせるカートの販売を
考えたということです。

モータとあわせると価格は18万円ほどからになります。

相内アナウンサー「今後どのように展開していきますか?」

山本さん「これは、いろんな技術を学ぶための教材キットなんですけれども、
それを評価するということで、レースを行おうかと考えています。」

8月の販売に向けて予約を受け付けているそうです。

CQ出版の関連ページ→http://www.kumikomi.net/archives/2013/07/rp28evcb.php

【まとめ】
・企業名=CQ出版
・商品名=CQ EVミニカート・キット
・価格=10万5,000円~(モーターは別売り)
※モーターキットはおよそ8万円
・発売日=8月予定。予約受付中
※公道での走行はできない

【トレたまアーカイブ】
2013年7月25日(木)組み立て式電気自動車 | 「CQ EVミニカート・キット」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_46395/


毎週パーツつきの雑誌が送られてきて、組み立てていくという企画が
たくさん行われていますね。

読むだけでなく、実作の楽しみも一緒に味わえるということで、
好きな人にはたまらないものだと思います。

このミニカートも魅力的ですね。
走らせる場所が、問題ですね。そこは良く考えないといけないと思います。