2013年12月3日(火)のトレンドたまごは、
北海道人にとっては、興味津々。
除雪機の話題でした。
担当は、大澤亜季子アナウンサー。

大澤アナウンサーは、ある自動車修理店にやってきました。

オリエンタル 荻巣さん
「これは電動の除雪機です。
雪を押すために開発したんですが、
雪が降らないので、いろんなものを押してテストしています。」

一見手押しぐるまのような機械。
電動の除雪機で、その名も「ゆきダンプ」

積もった雪を押して取り除く充電式の除雪機です。
操作方法を実演してもらいました。

手元のスイッチで前進とバックを切り替えて、
オートバイと同じようなアクセルで動きます。

雪以外でも重いものを押せると言うことで、
軽トラックを押すことに挑戦しました。

大澤アナウンサーは、最初は恐る恐るでしたが、
徐々に慣れていきました。

100キロ程度のものであれば、簡単に動かせ
免許も必要ありません。

これまでの除雪機はディーゼルエンジンのものが多く、
騒音や給油の問題がありました。

水分を多く含む雪は、うまく除雪できなかったといいます。

この「ゆきダンプ」は音も静かで
8時間の充電で3時間以上使えます。
雪質も選びません。

価格は168000円からで、
年間200台~300台の販売を目標にしています。

荻巣 「最初は東北の雪の降る地方の方からの注文が多かったんですが、
ビニールハウスの中の土をしたり、
畜産農家の方がワラとかフンを押したりするとか。
煙が出ない音が出ないことで、自分の想像とは関係ないようなところからの
オファーが。」

——————————————————
・企業名=オリエンタル
・商品名=ゆきダンプ
「ゆきダンプ」紹介ページ
・価格=16万8,000円~
・発売日=発売中
8時間の充電で3時間以上使え、雪質も選ばない。
静かで、給油の面倒さもない。
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2013-12-03(火)電動除雪機 「ゆきダンプ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_55599/


世界で行われた展示会でも結構ファンがあったそうです。
今のところ、韓国とフィンランドからのオファーが来ているそうです。

簡単に動かせってしかも自宅で充電できると言うのが
魅力的だということです。

大澤アナウンサーは、「全く力を入れずに動かせた。」
と言うことを強調していました。

従来の除雪機のように、跳ね上げて飛ばしてくれるという
わけではありませんでした。

雪国でよく使われる、通称「ママさんダンプ」を電動にした
ようなものだと、理解しました。

パワーがあれば、押すことだけで、用が足りるだろうなと思います。
お試しがあればいいなと思いました。
手の届かない金額ではないので、心が揺れます。