2013年9月30日(月)のトレンドたまごは、
くぎ打ち機を取り上げていました。
担当は、大澤亜季子アナウンサー。

大澤アナウンサー
「結構すごい音がしてるんですけれども。今何をされてるんですか。」

マックス 大塚さん
「今はですね、くぎをバンバンと打っておりました。
建築現場では沢山のくぎが使われているんですけど、
今回の機械ではそのうちの108種類の釘を1台で打てるようにしたというところが
新しくなっております。」

【楽天】 

 

【アマゾン】 MAX 高圧釘打機 HN-50N2(D)

 

このくぎ打ち機、業界最多の108種類のクギを1台で打てるというものです。

これだけ多くのくぎを打つのには、これまで2台の機械が必要でした。

1台にできた秘密は、機械の先端部分にあります。

大塚 「108種類に対応したのは、先端の部品を2種類用意することで、実現することができました。
細い釘を打つ時には黒い方の先端部品、
そして太い釘を打つ時には銀色の先端部品を選択していただいて。」

1ミリ程度、口の大きさが違う二つの部品を付け替えることで多くのくぎに対応できました。

現在住宅用のくぎは約1000種類もあって、それに対応するため、釘打ち機も増えてきました。

できるだけ機械の数を減らしたいという、建築現場の声から生まれた製品だそうです。

実際、大工の方に話を聞いてみると、

大工 本田さん
「先端を変えるだけでいろいろ打てるということなんで結構便利なんじゃないかな。
沢山持ち歩かなくていいのと、財布にやさしいということで。
何台も買わなくていいということなので、それは大きいと思います。」

価格は99750円。
9月30日発売です。

この発売時期にもねらいがあるそうです.

マックス 大塚さん
「復興需要も広がっておりますし、消費税増税前の駆け込み着工も徐々に広がっておりますので、
このタイミングで投入することでより多くの方に使っていただけると考えてこの時期に発売いたしました。」

【まとめ】
・企業名=マックス
・商品名=HN-50N2
・価格=9万9,750円
・発売日=発売中
※圧縮した空気を送るエアコンプレッサーが別途必要

【トレたまアーカイブ】
2013年9月30日(月)108種類打てるくぎ打ち機「HN-50N2」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_50935/


くぎ打ち機というもの、
私は初めて見ましたが、非常に優秀な機械ですね。
今回紹介されたものは、その中でも特に優れたマシーンのようです。

これから景気が回復していくことが期待されていますが、
建築業界の効率アップに役立っていくのではないかと思います。