2013年8月13日(火)のトレンドたまごは、つりの話題。
韓国での取材をしたのは、福元雄一記者
「韓国からのトレたまは、最新の釣りグッズです。」

今日のトレまたは釣道具の一つ、浮きに秘密があります。

ソナーテック 朴社長
「どこに魚がいるか、スマートフォンで見られるんです。」

この商品、その名も「魚探知(ギョッタンチ)」。
水深が20メートルなら、浮きを中心に半径4mの範囲で海の中の様子が
スマートフォンで見られます。

画面は赤と青、緑で表示されています。
上の赤い部分が海面で下の部分が海底です。

魚の群れの存在や、水深メートルにいるかがわかるとともに、
水温もリアルタイムで送られてくる仕組みです。

福元記者も挑戦です。
早速使ってみました。
スマートフォンで見てみると、、、
朴社長 「水深9メートルに魚群が見えます。」

「魚探知」が魚の群れを捕らえました。

製品を開発したのは、ベンチャー企業。
韓国海軍の潜水艦などにソナーを提供しています。

ソナーとは海中に向かって超音波を発射しその反射をとらえて
海底の様子や海の中にる魚などを映像化する技術です。

朴社長 「ソナーの技術を小型化したことで、実現できました。」

浮きの中に入っているのは、ソナーの役割をする特殊なセンサーと
そして、センサーが捕らえた情報を送る送信機だけ。

映像化などの処理は、スマートフォンのアプリを活用することで
小さな浮きの中に入れることと価格を安くすることを両立しました。

一般の釣り人たちの反応はどうかということで、
釣り場で、説明をはじめてみました。
すると、大勢の釣り人たちが集まってきました。
「魚探知」には、たくさんの魚が映っていました。

すると、釣れました!
本当に魚がいることを証明して見せました。

朴社長 「アメリカからもう5000個くらい注文を受けています。
世界でつり人口は5億人以上、、、市場は広いと思います。」

【まとめ】
・企業名=ソナーテック
・商品名=「魚探知(ギョッタンチ)」
・価格=約1万9,000円
・発売日=9月発売予定

【トレたまアーカイブ】
2013年8月13日(火)スマホで魚群探知「魚探知(ギョッタンチ)」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_47650/


私の知り合いにも釣り好きがいます。
釣りの道具にはお金を惜しみません。
そんな人たちにとっては、すぐにでも欲しい、商品だと思います。

経験や勘といったものはだんだんと不要になっていくのかなと
少しさびしく思いました。

ビギナーでも簡単に釣れてしまうのは、
個人的にはあまりいいことではないと思います。