2014年1月15日(水)のトレンドたまごは
「疲れを気にせず外出できます」
という言葉でスタートしました。
担当は、大澤亜季子アナウンサー。

大澤 「おじいちゃんとおばあちゃんと楽しく旅行できそうですね。」

ドリーム・トラスト岩渕社長は
仙台から、開発した商品を持ってやってきました。

岩渕 「コンパクトな車いすです。」

大澤 「これ、車いすなんですか?」

特徴は、持ち運びに便利で、簡単に車いすにセットできたり、
コンパクトに収納できることです。

大澤アナウンサーが実際に持ってみると、

「軽い!」

岩渕 「普通の車いすの半分くらいですから。」

通常の車いすは10キロ以上あるそうですが、
こちらは、5.5キロという軽さです。
女性でも普通に運べる重さだといえるでしょう。

大澤アナウンサーは岩渕社長を乗せて、車椅子を押し始めました。

車いすの機能も押しやすく、小回りも簡単です。
動かしやすい秘密は、曲がる方向にハンドルが少し動くことです。

車輪には足踏みブレーキもついているので、安心です。
すっぱーをかければ、動きません。

大澤 「車輪もなめらかに動きますね。」

岩渕 「車輪も音の出ないもの、消音になっております。」

役割を交代して、大澤アナウンサーが乗りました。
乗り心地は快適だと言うことです。

音には、気を使ったそうです。
岩渕 「どうしても静かなところで車いすを使うという条件のところが
けっこうあるんです。
たとえば、美術館ですとか、博物館、、、」

利用者のために作られた携帯車椅子。

高齢者の方に楽しく外出して欲しいと開発しました。

岩渕 「60歳過ぎても元気で、70過ぎても元気で歩ける
見学したい食べたい、そこに行けるためには
非常に便利な、この携帯車いすを使ったほうが、なお楽だと。」

——————————————————
・企業名=ドリーム・トラスト
・商品名=パセッヂ  → パセッジの紹介ページ
・価格=14万8,000円
・発売日=発売中
★折りたたみができ、重さも5.5キロと軽量で
持ち運びに便利な携帯車いす。
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2014-01-15(水)どこでも携帯車いす「パセッヂ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_58157/


かなりコンパクトですが、100キロくらいまでの重さに耐えられるそうです。

森本 「かなり狭そうな感じがしたんですけど。」

大澤 「場合によっては手すりを上げたほうがいい場合もあると思いますが、
あの幅にしている理由が、改札を通りやすいようにとか、
新幹線の通路を通り易いようにと言うことで、
幅40センチにした
と言うことです。」

見ていて、タイヤの部分などがしっかりとしていて、
安心して乗っていられるんだろうなと思いました。

歩くことはできるけれども、疲労軽減のために使う
という使い方にぴったりだろうなと思いました。