2014年4月3日(木)のトレンドたまごは
「バイ菌を見つけます」とのこと。
担当は、相内優香アナウンサー。

 

日本細菌検査 千葉部長
「キッチンの汚れをこれでチェックしましょう。
汚れといっても、たんぱくの汚れなんですけれども、
洗った後が洗えているのかどうかと言うことを
これで、簡単にチェックできます。」

相内 「たんぱくの汚れというのは、
実際の菌だったり汚れに繋がっていくんですか?」

日本細菌検査 千葉部長
「たんぱくの汚れは生物や菌のエサになるものでして、
それがないと、衛生的な状態が保てるというチェックができます。」

【楽天】

早速、調理に使ったまな板をいつものように洗剤で洗います。
洗い終わったまな板を、綿棒で拭き取ります。

それを黄色い、たんぱく質を検知する液につけるのですが、、、

先端がうっすら緑色になりました。

千葉 「まだタンパク質が多少残っているという証拠になります。」

見た目はきれいでも、まだ洗いが足りなかったようです。

千葉さんのお宅のキッチンで、
いろいろなものをチェックすることに。

ある一本の綿棒は、すぐに色が変わりました。

相内 「すぐ掃除しなきゃ。」

千葉 「家内にも伝えておきます。」

実は千葉さんは、食品工場など向けに
細菌検査機器などを製造販売する、細菌のプロでした。

その技術を生かすことで、
一般家庭用の商品を開発しました。

6回分のチェックが880円(と相内アナウンサーは言っていていましたが、
それは税抜きなんでしょうね。テロップでは950円となっていました。)

千葉 「自分たちのやっていることが正しいのか、
ちゃんと洗えているのか、確認するような(使い方をして欲しい)
、、、」

相内 「調べようと思ったら、いくらでもやるところありますね。」

千葉 「あくまでも目安として、、、、」
——————————————————
・企業名=日本細菌検査
・商品名=アンシン チェック
・価格=950円(税込)
・発売日=発売中
★綿棒で拭き取り、専用の液につけるだけで、
菌のエサとなるタンパク質を検知できる商品
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2014-04-03(木)キッチンの汚れチェック「アンシン チェック」

相内アナウンサーは、
実はこっそり大江、大浜両キャスターのキーボードを
チェックしたそうです。
かなり緑色に変わっていました。

調べ始めたらきりがないということです。

なので、直接口に入るまた板だったり、
抵抗力の弱い乳幼児の哺乳瓶などの
あくまで、安心材料の目安として使って欲しい
ということです。

スタジオでも少し話が出ていましたが、

たんぱく質=バイ菌のえさ

という短絡な結び付け方は、意味がないことです。

使う場面を選んで、有効に生かしたいものです
食品を扱うイベントなどでは、
この商品が活躍するのではないかなと思いました。