2014年1月29日(水)のトレンドたまごは、
「伸ばしたり折ったりする手間が省けました」
と言うことでした。

担当は、大澤亜季子アナウンサー。

大澤 「ずいぶん、派手な、いやすてきなネクタイですね。」

タチバナデザイン 橘社長
「地味な方ですよ。今日は。

このネクタイ実は、これを使ってるんですよ。」

橘社長が見せてくれたのは、
樹脂製の細長いベルト。

1、ベルトを襟に通す
2、ベルトの輪にネクタイをつける。

引っ張るとネクタイのセットが完了です。

一般的にネクタイを結ぶ時には、
シャツの襟を立てたり折り曲げたりする手間があります。

このサポートベルトを使うと
シャツの襟はそのままの状態で、ネクタイを通すことができます。

開発のきっかけは、
橘社長がネクタイに時間がかかっていた息子を見て
もっと手軽に利用できるやり方はないかと思ったことでした。

めったにネクタイをつけない大澤アナウンサーが、
このベルトを試してみました。

大澤 「男性の方は、毎朝これをやるのは大変ですね。」
話しながら、簡単にネクタイが通りました。

最初は段ボールなどを素材に使い、
10回以上改良重ねたということです。

価格は280円。
来月からインターネットで販売を開始します。

「ネクタイというのは男性にとって、大事なアイテムで
いろんな方にネクタイをつけるきっかけになっていただければ。」

——————————————————
・企業名=タチバナデザイン
・商品名=楽タイ
・価格=280円
・発売日=2月
★襟をそのままでネクタイを通すことが出来る。ボタンダウンも。
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2014-01-29(水)ネクタイサポートベルト「楽タイ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_59142/

 


進藤キャスター
「ボタンダウンのシャツが増えたんです。
あれがあれば確かに、通せるなと思いました。」

私も、ボタンダウンのことを思い浮かべました。
いちいちボタンをはずして、
襟を立ててというのは、面倒です。
安価なものなので、スーツ売り場のサービス品にもなるかもと
思いました。

針に糸を通す糸通しとか
ズボンのゴムを通すゴム通しをイメージして作ったそうです。

若者のネクタイ離れが進んでいるようです。
アパレル業界でもネクタイを使い始めるサポートに役立てばと
考えているとのことでした。