2014年4月11日(金)のトレンドたまごは
「ブレスレットをつけるときのもやもやを解消します」とのこと。
担当は、相内優香キャスター。

相内さんは、街に取材に行きました。
ブレスレットをつけることについての声を拾うためです。

●「すいません。つけれません。難しいですね。」

▲「あーー。」

ブレスレットをつけるとき、つけにくいと感じる人が多いようです。

アートプロ 今津さん
「これを使っていただけたら、
簡単に装着できるという道具です。」

髪飾りのような製品が、ブレスレットを簡単につける補助器です。

今津 「手のひらに挟み込んで固定して、
一周まわしていただいて、はずすのも簡単というものです。」

つけ方は3ステップ。
(1)指の間に装着します。

(2)手首に当たる、先端のフックにブレスレットの留め金を引っかけます。

(3)ブレスレット本体を、ぐるりと一周まわして留め金につなげます。

大江 「考えましたね。」

相内さんが時間を計って試してみると、、、、
17秒でつけられました。

くるくる回ってつけにくいブレスレットが、
つけやすくなります。

今津 「デザインは気に入ったけれど、
つけにくいから買わない、というようなお客様の声を
よくいただきましたので、そちらのほうを解消するために
商品を作り出しました。」

針金を曲げて試作を重ね、
2年をかけて今の形になりました。

現在特許を出願中で、1300円前後の価格を想定しています。

今津 「最初は、形状からは使い方が想像できないと思いますので、
店頭でデモ販売していたけるようなメーカー様と、
ノベルティのような形で使っていただくのが一番かと思っております。」

——————————————————
・企業名=アートプロ
・商品名=ブレスレット装着補助器
・価格=1,300円前後を想定
・発売日=1年後を予定
★装着しにくいブレスレットを簡単に着けるための補助器
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2014-04-11(金)ブレスレット装着補助器
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_64213/


大江 「つけにくくて、私はあきらめてしまいました。」

この製品、兵庫県のねじばね工場が協力していて、
メードインジャパンの製品です。

ステンレスの柔らかさなど、
実際にねじバネの技術も生かされているということで、
将来的には、ブレスレット補助器の定番商品として、
売上も地元に還元していきたいということです。

世の中、デザイン優先で使いにくいものはたくさんありそうです。
そこを埋め合わせていくというのは、いい目の付け所です。

ただ、この日のWBSでも取り上げていましたが、
模造品が作られそうな心配もあります。

特許も出願中と言うことでしたが、
手間や経費がかかっても、
知的財産を守るという手立てを講じていくことが必要なんでしょうね。

製品化が楽しみです。