2014年1月31日(金)のトレンドたまご、
担当は、相内優香アナウンサーでした。
「ちょっとした工夫で、スマホに新たな機能が加わりました。」
ということです。

スワンク 小山社長
「相内さん、僕に電話してもらっていいですか?」

となりで電話をしてみると、
相内 「あ、きれい。光ってますね。」

小山社長のスマートフォンが、
ストロボのような明るい光で点滅しています。

小山 「全体を光らせるというのは今までなかったですね。
電池も使ってません。それでいて(光る)ケースです。」

この光ケース、
スマートフォンの設定でLED ライトの着信を
オンにするだけでOKです。

ケースの裏には、光を屈折させる特殊な加工がされていて、
この加工によって、ケース全体に光が通り、
メールや着信通知を知らせます。

3月に発売予定で、
見ただけで着信がわかるので、
高齢者や聴覚にサポートが必要な方にも便利です。

相内 「かばんの奥の方に入っていても、光るので、
すぐ着信に気づきますね。
さらに、荷物の下に挟まっていたとしても
インパクトがありますね。
着信にすぐ気づくことができます。」

さらに、このスマートフォンケース
背面に、デザインやロゴを掘ることで、
企業とのコラボ商品や、オーダーメイドとしても
需要を期待しています。

価格は、2457円から。
将来的には、一つの LEDライトを効率的に光らせる技術を
他の商品にも広げていく計画です。

相内 「これはどんな展開が期待されますか?」

小山 「スマートフォン市場だけではなく、看板ですとか、
あと、表札が光ってもおもしろいと思いますね。
いろんな販路を、模索していきたいと思います。」

——————————————————
・企業名=スワンク
・商品名=LUMINOSO(ルミノソ)
・価格=2,457円~
・発売日=3月発売予定
★LEDライトを利用して光を屈折させる加工をして全体を光らす
企業とのコラボ商品やオーダーメイドにも利用できる
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2014-01-31(金)光るスマホケース「LUMINOSO(ルミノソ)」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_59331/


今までも光るケースはありましたが、
側面だけが光ったり、電池が必要だったり。
全体が光るというのは初めてだそうです。

携帯のアクセサリ市場は飽和状態なので、
何とか新しいものをということで開発したそうです。

森本 「LED 着信があるということを知らなかったです。」

相内 「iPhone 専用の機能ですね。」

私はアンドロイドを使っていますが、
スマートフォンといえば、やはり、iPhone が基準なんだなと
ちょっと悔しく思いました。

電池がなくても、全体のよく光るというのは、
とてもいいと思います。