2014年2月27日(木)のトレンドたまごは
「陸の上でも水の中でもいざと言うときに役に立ちます」とのこと。
担当は、相内優香アナウンサー。

車の中の人に向かって、
相内 「今日はどちらからいらっしゃったんですか?」

I・D・F 荒部長
「宮城県石巻市から来ました。
今回開発しましたのは、このシートカバー。」

見た目は普通のシートカバーです。
しかし、被災地ならではの思いと工夫が込められた
シートカバーでした。

相内アナウンサーは、助手席に乗り込みました。

相内 「例えば、地震が起こりました。
津波がありました。何とか車から脱出したい。
そういう時どうしたいいですか?」

実は、シートカバーの裾には
遠心力で窓を割るためのハンマーがセットされています。

さらに、救助に役立つロープが備え付けてありました。

さらに、シートカバーそのものにも機能がついています。
簡単に取り外せ、着ることができるんです。
背中にはクッションもあるので、

相内 「地べたに横になっても、全然冷たくないです。
マットレスに厚みがあるので、冷たさは全然伝わってこないですね。」

外で、防寒着や簡易寝袋としても使うことができます。

このシートカバーの最大の特徴は、、、
実験のためプールにやってきました。

相内アナウンサーと、荒部長は
シートカバーを着ています。

相内 「これは浮くんですね?

「100キロの方まで浮きます。
相内さんなら、まったく問題ありません。」

相内アナウンサーは豪快にプールに飛び込みました。
背中のクッションが浮き具となって、
沈むことはありません。

「窓を割る」「体を温める」「水に浮く」
三つの機能を持ったシートカバー。

津波を経験した被災者の意見を元に、
地元11の企業が力を合わせて開発しました。

「石巻で考えて、石巻で工夫をして
石巻から復興のしるしであるアイディア商品を発信していきたい
と考えております。」

——————————————————
・企業名=I・D・F
・商品名=FRS(エフアールエス)
・価格=4万9,800円~
・発売日=6月発売予定
★通常は車のシートカバー
いざと言うとき
窓ガラスを割る・体を暖める・水に浮くなどの機能で身を守る
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2014-02-27(木)多機能シートカバー「FRS(エフアールエス)」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_61135/


進藤 「すばらしい商品ですね。」

相内 「実際に車の中で被災した方の意見を集めて、
2011年3月のわずか3ヵ月後から開発を始めて、
いよいよ販売されることになったということです。」

森本 「今回の大雪なんかにも、こういったものがあると
便利なんじゃないですか。」

相内 「シートカバーが、いざと言うときに防寒着としても
寝袋としても使えます。体を守ってくれます。
けっこう厚めでした。」

シートカバーをはずして、着るというのが斬新です。
クッションが寝袋のマットになるというのは合理的だと思います。