2014年1月7日のトレンドたまごは、
キッチン掃除の悩みを解消してくれるかもしれないものでした。
担当は、大澤亜季子アナウンサー。

新しくなる商品を訪ねる大澤アナウンサー。

答えてくれたのは、
パナソニックキッチン商品企画 塚元さん
「換気扇です。
10年間使用で、1年分の汚れしか中に入らないということが、
このオレンジフードの特徴なんです。」

1年に1回掃除する家庭なら、10年で1回ですんでしまうという
換気ユニットです。

その仕組みは

塚元 「発生した油煙が上がっていって、整流板という板に当たって
そのあと拡散して横に広がって行ったところを、隙間から油煙を吸い込みます。」

板を分けて見せてもらったのは
高速回転する円盤状のフィルターとオイルキャッチと呼ばれるものです。

この二つのパーツが肝だそうです。

塚元 「フィルターが回転しているので、油だけを取って煙を上に上げる
というような構造になっていて、
フィルターで撮った油は、フィルターの回転の遠心力で外側にはじかれていって
オイルキャッチの中にたまります。」

従来のものと比較した映像が出ていました。
今回の製品は、上まで油が上っていません。

オイルキャッチの部分には油がたまります。
ただ、汚れは目立ちません。

フィルターなどには特殊塗装が施されていて、
汚れも落としやすく掃除も簡単だということです。

この換気ユニットの販売は6月からになります。

塚元 「消費税増税後の販売の減少も考えられますので
こういった。付加価値のついたキッチンを出すことで、
販売を伸ばしていきたいと思っています。」

——————————————————
・企業名=パナソニック
・商品名=ファンキレイフード
「パナソニック キッチン Lacucina(ラクシーナ)」に組み込まれている
ということのようです。

関係ページ →  「パナソニック キッチン Lacucina(ラクシーナ)」発売

・発売日=2014年6月2日発売予定
★10年で1回の掃除で済んでしまう換気ユニット
——————————————————

【トレたまアーカイブ】
2014-01-07 掃除が楽な換気ユニット「ファンキレイフード」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_57616/
進藤キャスターは、高速回転ではじいた油はどうなるか、質問しました。


大澤
「フィルターについているキャッチ部分に落ちるんですね。
そこが、3ヶ月に一度掃除すれば言いと言うことです。」

奥に行く油の量を下げてくれるので、掃除の回数が少なくて済む
ということになります。

森本 「後付けはできないんですか?」

大澤 「今回はシステムキッチンで、ということでした。」

改めて、パナソニックは家電だけでないんだなと思いました。
一時期は、パナソニックも普通のメーカーになったという感じがしていましたが、
やっぱり物がいいのかなと最近、私は見直しています。

安心感は大事ですよね。


テレビ東京のHPでは、一部「喚起ユニット」となっていて、
笑ってしまいました。