2016年1月26日(火)のトレンドたまごは、「驚く速さであの漬物が、、、」とのこと。

担当は、大澤亜季子キャスター。
「これさえあれば、簡単にあの漬物が作れます。」

あの漬物とは、糠漬けのことでした。
★90分でぬか漬けができる使い捨てぬか床

ジップロックに、粉をスプーンで4杯入れて50CC の水を入れます。
あとは蓋をしてもむだけです。

簡単にぬか漬けがつくれる、ぬか床のでき上がりです。
熟成させたぬか床乾燥させて粉末化しました。

これを使えば、一日かかるぬか漬けがわずか90分できてしまいます。

輪切りにしたきゅうりを入れて、寝かすこと90分。

大分やわらかくなってきました。

出して食べてみると、ちゃんとつかっているようです。

大澤 「塩加減やキュウリの味とかも絶妙に、味がちゃんとして。」

早くつかる理由は、切った野菜をそのままつけることができるから。

通常のぬか床は、行って野菜を入れると野菜の水分がぬかをだめにしてしまいます。
このぬか床は使い捨てなので、切ってそのまま入れられます。

開発したのはコーヒーなどを販売するブルックス。

ココアなどの粉末飲料作る技術を応用しました。

ブルックス 古谷さん 「このぬか床のよさを損なわないで乾燥させていくというところに関しては、試行錯誤を繰り返しながら開発したという経緯がございます。」

さらに、野菜だけではなくちくわと生ハムとソーセージをぬか漬けしたものを紹介してくれました。

大澤さんは、生ハムの漬物も気に入ったようです。
ハムのもともとの塩分が、ほどよく中和されているそうです。

古谷 「使い捨てで、その都度その都度新しいぬか床でいろんなものをつけて頂くことができます。現代の食生活に合ってるんじゃないかなと。」
——————————————————
・商品名=かんたん ぬか美人
・企業名=ブルックス
かんたんぬか美人
・価 格=1,200円
・発売日=今年1月から
——————————————————
【WBS トレンドたまごのURL】
→ http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_105112/
——————————————————

実際にスタジオでも試食です。
90分前に大江さんがもんで作ったぬかどこに入れた野菜です。

大江 「おいしいです! びっくりしますね。」

野菜を切っていることで、ダイレクトに糠の味が浸透するということです。

大浜 「感触がいいですね。」

使い捨てということは、失敗を恐れずにいろいろやってみることができるということですね。
新しいバリエーションに挑戦できるのはとても楽しいと思います。

やるなら、果物や魚などを試してみたいなと思いました。