2014年11月6日(木)のトレンドたまごは「電源いらずで大きな音が出ます」とのこと。
担当は、相内優香キャスター。
相内さんが、スマホの大きさの銀色のグッズを手にしていました。

ハーレーダビッドソンがずらーっと並んでいる中で、音楽が聞こえてきました。
ハーレーの部品を扱うバイク店が開発したiPhone に装着するだけですより大きな音が楽しめるというスマホケースです。

ジャパンドラッグ 小川社長
「アルミの削り出しの技術が使われております。」

電気で音を大きくしているわけではありません。

ケースのない状態で試してみました。
ちょっと音が割れるような感じです。

ケースをつけて試してみます。
相内 「音が前に届く感じはありますね。」

音声メーターで比較してみると、明らかに針の振れが違いました。
ケースがない状態では、ピークが1.5ぐらいですが、ケースをつけると針が振り切りました。
【楽天】

秘密はケースの形にあります。
本体のスピーカーの部分をふさぎ、本体とケースの板をトンネル状にすることで、ラッパとおなじ原理で音が大きくなります。

小川 「ハーレーといえば”音”ということで、普段調律を非常にこだわって演出をしておりますので、、、」

パイクパーツ作りの技術と経験を生かし、完成した大音量スマホケース。
価格は1万8000円です。

小川 「量産化できたのが、ちょうどiPhone6の発売とおなじタイミングになってしまいましたね。」
(つまり6には対応していないということでしょうね。)

現在 iPhone6用のニューモデルを急いで開発中とのことです。
——————————————————
・企業名=ジャパンドラッグ
・商品名=メタルサウンドジャケット
・発売日=10月
    iPhone6用のケースは12月発売予定
・価 格=1万8,000円
★iPhoneに装着するだけで、電源なしで大きな音が聞ける。
——————————————————
【WBS トレンドたまごのURL】
→ http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_78318/
——————————————————
大浜 「音がなめらかに聞こえる。柔らかい音。」

音質も良くなります。

開発のきっかけは、娘さんに「アナ雪」を手軽に聞いて欲しいという社長の思いだったそうです。

バイクパーツ作りをしてる会社ですが、異業種だからこそ面白いことができるということです。
これからも、自社製品を開発して行きたいということです。

大江 「ちょっとお高いですね。」

アルミ削りだしと言うことで、コストはかかっているでしょう。
それでも、所有欲を刺激するようなケースだと思います。
持ちたいし、見せたいという人はけっこういると思います。