2015年12月15日(火)のトレンドたまごは、「小さな発明家が誕生しました」とのこと。

担当は、大澤亜季子キャスター。
「かわいい発明家の卵を見つけてきました。」

小学校二年生小宮早笑を取材に行った大澤さん。
「のびちぢみ長靴」の開発者です。

★下駄箱に入れやすくするために伸び縮みさせることができる長靴

普通の長靴だと下駄箱に入りきらず、短めの長靴だと雨に濡れやすいのが悩みでした。

今回開発された長靴
使うときは伸ばして、しまうときは縮ませるというもの。

短めの長靴に、伸び縮みする通常のプラスチックを取り付けて下駄箱に入るようにしました。

アイディアを思いつくきっかけなったのは庭に置いてあった伸び縮みするバケツ。

このバケツは、靴とはサイズが合わなくて別なものを探しました。
小さめの災害用のビニールバケツを購入して作りました。

ただ、次世代にはいて歩いてみると、歩きにくいのです。
ビニールのバケツの幅があるので、歩くとぶつかります。

お母さんも改善が必要だっていうことを知っていて、長靴と同じ幅で、伸び縮みできれば実用的だろうと言っていました。

——————————————————
・商品名=のびちぢみ長ぐつ
・企業名=小宮早笑さん(小学2年生)
・価 格=未定
・発売日=未定
——————————————————
【WBS トレンドたまごのURL】
→ http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_102903/
——————————————————
小宮早笑さんは、図工が得意科目。
もともと作るのが大好きだそうです。

不便だなと思うものをどんどん改善して開発していくのが好きだそうです。

今回の発明は、神奈川県などから賞状をもらっているそうです。

大江 「また1年後くらいに、ブラシアップされて出てくるかもしれませんね。」

豊かな発想があるお子さんですね。
お母さんも商品化に前向きのようでした。
気にかけておきたいですものです。