2015年12月11日(金)のトレンドたまごは、「硬いという先入観が変わります」とのこと。

担当は、大澤亜季子キャスター。
「香りとぬくもりが伝わるトレたまです。」

★曲がる木を使用した、温もりを感じることができるシステム手帳

大澤さんが持っているのは木でできた棒。
なんと簡単に曲がりました。

普通の木を圧縮することによって、木材がバネのような構造となり、曲がるようになるそうです。

通常、木を圧縮すると硬くなりますが、特殊技術で柔軟性を持たせることに成功しました。

そして、圧縮した木を厚さ1.5mm にスライスして作ったのが、システム手帳。

木なのに、紙のようにしなやかに曲がります。
さらに、木の香りや、木独特のぬくもりが感じられるそうです。

杉の木で作っていますが、加工する時に薬品を一切入れずに圧縮加工しているそうです。
ですから、木のぬくもりがそのまま出ているようです。

担当の竹田さんは家具職人の家に生まれ、小さい頃から木に親しんできました。
大学では木材の研究をしてきました。

そして、名古屋木材入社後は、20年木一筋を貫く職人です。

家族と同じくらい木が好きだそうです。

手帳の表紙には、レーザー加工で名前を入れることができます。

曲がる木を利用して、様々な商品を世に出していくのが夢だそうです。

竹田 「(木の魅力は)やっぱりぬくもりがあることでしょうね。
触っていると心地よさがダイレクトに伝わりますし、癒されるんですよね。」

——————————————————
・商品名=アイリグノス
・企業名=名古屋木材
クラウドファンディング MAKUAKEに登録されています
・価 格=1万円(税別)~
・発売日=2016年春 発売予定
——————————————————
【WBS トレンドたまごのURL】
→ http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_102719/
——————————————————
大江 「いい香りですね。しかも、こんなに曲がって。」

圧縮具合の調整で、この曲がりが実現できているそうです。
木の性質を熟知している職人だからこそ、できる技術だそうです。

何枚か合わせているわけではありません。

実際に手にしたスタジオのメンバーも、興奮気味。
とても可能性を感じているようでした。

曲がるからと言って、それほどもろいわけでもなさそうです。
実際に触ってみたいな、と思いました。