2016年1月21日(木)のトレンドたまごは、「きっと野球が好きになります」とのこと。

担当は、相内優香キャスター。
「イチロー選手のようなメジャーリーガーを目指すための第一歩となるかもしれないトレたまです。」

★5つのパーツを自分で縫い合わせ完成させるグラブ

【楽天】

メジャーリーグのおよそ半数の選手のクラブを手がけるメーカーの展示会を訪れた相内さん。
ローリングスですね。
分解されてバラバラなったクラブを発見しました。

プラモデルのようにグラブを組み立てる商品でした。

業界初という、自分で組み立てで完成させる子供用のグラブです。

手を入れる本体を含め、五つのパーツを皮ひもで縫い合わせていきます。

相内さんも挑戦してみました。

説明書がついていますが、字は細かいです。

相内 「老眼のお父さんは見えなさそう。」
その他にも言葉を補った方がいい点などを指摘していました。

大人の男性だとおよそ1時間で完成させられます。

自分でつくれば愛着もひとしおです。

説明してくれた西島さんは、プロ野球選手のグラブも手がける、グラブづくりのプロです。

西島 「やはり最近、サッカーブームで焼きをする子供たちが非常に少なくなっているので、何とかこういうので、戻って来ていただきたいなと。
一緒に野球うまくなろうと、お父さんと子供と。」

——————————————————
・商品名=グラモデル
・企業名=ローリングスジャパン
・価 格=5,400円
・発売日=3月1日
——————————————————
【WBS トレンドたまごのURL】
→ http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_104845/
——————————————————
通常のクラブよりも穴の数を少なくしたことで、組み立てやすくしているそうです。

自分で作ると愛着が湧くということが大きなメリットのようです。

業界全体として、小学校低学年の野球人口が減ってきているということに、危機感を感じているそうです。

合成皮革を使うことで、価格も半分くらいに抑えたということです。
やわらかくて使いやすそうです。

以前は、ローリングすといえば、本場アメリカのメーカーで、
”やっぱりちょっと違うな”という印象がありました。
そのメーカーも子供用に力を入れているんですね。
サッカーだけでなく、塾やオンラインゲームも野球のライバルはといえると思います。