2015年11月16日(月)のトレンドたまごは、「面接に強い味方が登場です。」とのこと。

担当は、大澤亜季子キャスター。
「あの偉人の支援で、内定が決まるかもしれません。」

★バーチャルリアリティで坂本龍馬が面接してくれる。今後、就活イベントなどで体験会を予定

バーチャルで就職面接が体験できる新たなツールです。
面接官は、日本初の起業家で尊敬できる人物として数多く名前が挙がる坂本龍馬です。

面接を受ける人の声から喜怒哀楽の感情分析し、坂本龍馬の態度や質問内容が変化します。
試しに真面目な対応をしてみると、圧迫面接モードに変わりました。

このツールを開発したのは転職サービス大手のインテリジェンスです。
面接は受ける側が実力を発揮できないと会社側も人材を見極めるのが難しいといいます。

このツールでは五つのタイプから向いている職業の診断、本番の面接でも実力を発揮して欲しいと言います。

開発会社のコメント
「面接の場でフルパワーを発揮して欲しいと思っている。
そういう準備ができるという意味では使えるツールになると思っています。」

——————————————————
・企業名=インテリジェンス
転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ)
・商品名=未来の面接プロジェクト
・価 格=未定
・発売日=未定
——————————————————
【WBS トレンドたまごのURL】
→ http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_101147/
——————————————————
未来型の面接練習ということです。

実際に体験した大澤さんは、「バーチャルでも意外と緊張します。」とのこと。

結構いい勉強になったということでした。

会話がかみ合わないことがあるのがこれからの課題のようです。

大澤さんは「リーダーシップタイプ」と判定されたようですが、それを言ったときスタジオではちょっとした間がありました。
誰もが納得していないっていう雰囲気です。

本当の特性っていうのはわからないものだと思います。
簡単に未来は先取りできないので、実際にやってみて見ること。
試行錯誤するしかないと割り切ることが大事なんだろうな思いました。